top.jpg

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年09月11日

1週間くらい出張にでます。

このところ仕事に追われる赤目です。
最近は資格試験やら業務増加による影響で帰れば寝てる生活でしてさっぱり進行しません。
そこにきて、今度は出張ときたもんだ。
泣きそうです。

しばらく手がつけられません、ご了承くださいませ。
スポンサーサイト

2008年09月10日

防雷具の据え置き

パラベーンを搭載します。
キットのやつでなく、ピットロードのパーツを使います。
艦橋の脇にも両舷に一個ずつあるのですが、じべたにもあるようです。
キットパーツにもあるのですが、なぜか2個しかないので、甲板におくものは自作か別パーツしかありません。
DSCF2027.jpg
大きさはこんなかんじです。
マス目は1平方センチですので、大きさはは想像できると思います。
ようするに
「小さい」
わけです。

DSCF2028.jpg
それでも甲板にのせると、他の甲板構造物に比べれば比較的大きいモノだなぁ、と実感できます。
かみさんが自室を掃除しにくると、いつも部品がなくなる危機感を持っていますが、それもそのはず、どのパーツも小さいのでゴミにしか見えないんです。

苦労して作った機銃なんかもゴミ同様なので、あっけなく掃除機に吸い込まれるからきちんと整理しておかないとホントに危険・・・。

お部屋お掃除してくれるのはとってもうれしいんですけど(不精者なんで掃除はニガテ!)

さて、甲板上が少しずつゴミゴミしてきました。
今後このまま徐々に右舷艦尾に向けてディティールを追加していく予定です。

2008年09月09日

予備材木の追加

日本海軍の艦船は、あちこちに予備の材木やら鉄材がおいてあります。
長門にもあって、艦橋下や探照灯台のやぐらにもあるのですが、ここではやぐらのところにある端材置き場に材木をおいてみようと思います。
使うのは0.3mmのプラ棒です。
これを短冊状にきっていきます。
DSCF2029.jpg
これは自分が長門に電路をつけたものと同じサイズです。
プラストラクトってやつです。
リンク先の鈴林さんから教えてもらったモノです、ほんとに重宝します。
ほんといろんなサイズがあって便利だなぁ。
ちょいとお高いんですがけっこう長持ちします。
DSCF2030.jpg
自分はいつもこのてのものは長さは適当にしています。
どれもこれもまるで計ったようにピッタリではいかにもってかんじがするのでは、といつも思っているからです。
もちろん整然としているのはそれはそれでかっこいいと思いますが、あえて自分は雑然とした感じでいってみようと思っています。

DSCF2031.jpg
切り出したプラ棒をひとまとめにして流し込み接着剤少量つけてかためたものを材木置き場にのせてみます。
だいたいこんな具合でいいかな。

DSCF2032.jpg
これをセールカラーで塗装します。
単色ですのでらくちんです。
もちろん筆ぬりです、エアブラシ使うほどのことではありません。

そのままでは航行中に脱落してしまいますので、おさえがあったと思われます。
なので、
DSCF2033.jpg
こんなふうにおさえをつけてあげます。
ただこれでは明らかに太すぎるので

DSCF2034.jpg
ちょきっと切ってあげてこんな具合にしました。
木材はところどころにダークイエローを線状に塗ってざーとらしさをなくしました。

こういうグレイばっかりのところに違う明るい色のパーツが入ると急に雰囲気かわっていいですよね。
さあて、次は何を追加していこうかなっ♪

2008年09月09日

ホーサーリール制作

アオシマの長門は甲板モールドにリールがありません(ある?ないように思えます)。
そこで、追加してあげるのは確定なんですが、自分はここはエッチングパーツ使用予定でいましたので、かえってなくてラッキーでした。
DSCF2025.jpg
こんな具合になりました。
今まではバネをぶちきってそのまま使ってましたが、今回は趣向を変えてプラ棒にエナメル線をまきつけてみました。
いやはや上手にまけないもんです。
ただ、それがかえって整然すぎないなまなましさを演出するかもしれません・・・。

いや、やっぱ整然としてるほうがきれいだな(爆)


今日やるのは右舷前方のものだけなので、あとは
DSCF2026.jpg
この二カ所に追加すればOKです。
二番砲塔の後ろに二つ追加しましたが、手前のおおきなほうはエナメル線巻きで、その隣の小さなほうはいつものバネを切って貼り付けたものです。


いやこういう細かい作業は疲れますが、おっきな写真でそこだけ撮影するとけっこう面白いですね。
パズルが埋まっていくようです。

2008年09月08日

エッチングパーツ下地処理

いいところ大がかりなものはできあがって、あと残している大がかりなものといえば艦載機積み込みクレーンと射出機、複葉機の作成、艦載艇の塗装くらいになりました。

今日はエッチングパーツの下地処理をしようと思います。

まずは射出機です。
この射出機には種類がいろいろあるのです。
長門には以下のものが搭載されていたようです。
DSCF2022.jpg
これにメタルプライマーを塗り、乾くのを待ちます。
メタルプライマーってのは、
DSCF2023.jpg
こんなやつです。
これを塗っておかないと、持ったりさわったりしたときに塗装がポロリとはげてしまうようです。
一本買うと多分一生使えるんじゃないかという量です(笑)
独特のにおいでそらもうあっちの世界にぶっとびそうなかぐわしい香り・・・。
ツールクリーナーと良い勝負します。

さらに、もうひとつ処理します。
最近までどこについているかもわからなかった、単装機銃です。
同様にハセガワのものです。
DSCF2024.jpg
矢矧制作でわかったのですが、日本艦船は最終型に近づけば近づくほど、航空機対策として機銃が多く増設されています。
キットパーツでは足りない(長門には入ってもいない)ので、必然的にかいたししないといけないんですが、追加装備品セットにある機銃だけでも足りないことがおおいと思います。
そこで、このエッチングパーツを買いました。

いやそりゃもう、いったいいくつあるんだよというくらいいっぱいあります。
値段も安いので失敗をおそれずドカドカ使えそうです。

照準もついているので、存在感もあるしとてもよいと思います。
さあ乾くのを待って組み立てです。
オススメLINK先
オススメ!! 今日はこちらにいらしてみたら?
赤目、であります!!

赤目

Author:赤目

皆様に支えられて平成20年1月頃より開設しました。
塗装も工作もほとんどやったことない、模型初心者のブログです。
間違いだらけと思いますが、ベテランの方助け舟お待ちしてます!
私同様初心者の方は、失敗ややり方を参考に、一緒にいい艦船模型を作っていけたらなぁ、と考えています!

最近の記事、お言葉
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

Appendix


まとめ
リンク先の先生方
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。