top.jpg

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年05月10日

張り線の開始

張り線の作業を開始します。
戦没した陽炎(涙)は伸ばしランナーを使いましたが、使いかっての確認のため、あえて慣れた伸ばしランナーを使わずストッキングを使うことに。

有限実行でやってみます。

材料はグレーのストッキングです。
これを破いて一本ずつとり、それを空中線に見立てるわけです。


DSCF1243.jpg

ところが、ストッキングの弾性はものすごいです。
どこまでも伸びるし、すぐに指のガサガサにひっかけて(普通はひっかからないようなごく小さな肌荒れとか)接着した部分がとれたり、
あまりに弾性が強くおさえ負けてポロッピンセットからとれてしまうと、接着した一方のところにバチッと縮んで玉になってしまったり・・・。

毎回練習艦だ、とはいいましたが、やはり、ぶっつけ本番は辛いです。
細さは伸ばしランナーより細いのでかっこいいんですが、けばだってしまったり、色々不便なところもあります。


DSCF1244.jpg

で、少し慣れてきたところです。
ストッキングはほぐして一本だけとったら、それをよーく伸ばしてさばいてしまうと、弾性が弱り作業がしやすくなるようです。

デリッククレーンと後部マストを中心に張り線をしていくことにします。
まず右舷から。

これも参考にするのは箱絵と、あとは想像w


手順的に、船体中央付近にあるものから作業していかないと、外側やってから内側に入れない場合があると考え、中心近くからはじめました。


DSCF1245.jpg

デリッククレーンから4番主砲、デリッククレーンから前部マストへ。
最初手探りだった接着剤の量もようやくわかってきました。
最初ものすごい量をつけてしまったため、後部マストは接着剤タマのようになってしまったところが一部(涙)

リンク先のロコさんが
「(張り線作業は)手すりよりいささかラクです」
とおっしゃってましたが、
確かに伸ばしランナーのときは戦没寸前頃は作業もはかどりサクサクすすんだので、確かに手すりよりらくかも、と思いました。
ですが、接着面がすごく小さいことや、
接着面をオーバーした、あまった部分の切り出しの難しさ、
脱落した一方の補修、
あふれた接着剤跡の補修
これらはもうどうやって処理したらよいかまったくわかりません。
伸ばしランナーなら接着剤で溶かしてしまうというテを使ったんですが、これはそうはいかんようです。

接着面が白くなってしまうのは、同色でリタッチしていますが・・・。

DSCF1246.jpg

右舷の張り線がほとんど終了しました。
所要時間は3時間もかかってます。
接着したつもりがとれてしまったり、思わぬところについてしまったり。
また、ストッキングのテンションが強くて接着面から離れてしまうと、だんごになってしまったりで、大苦戦。
過去に例をみないくらい、とは言わないまでも、相当苦労してます。

明日から左舷だなぁ。
うまくいくんだろうか。
スポンサーサイト

コメント

MOZさん>

いろんな素材を試してみたんですが、のばしランナーがやっぱ一番能率いいかもしれません。
思っていたほど強度不足してないですし、なんといっても接着が容易ってのがいいです。
お試しあれ~♪

涼月いいですね、自分も矢矧がやっつけ仕事にならないように、と思いつつ作業開始しました!

らびQさん>

のばしランナーなら割と楽な作業かもしれませんよ!
接着剤は流し込みでOKでした。
ロコさんのいうとおり、手摺よりうんとらくかも!?

がんばってますね

私も秋月で空中線チャレンジする予定です

すでに何本かは張っていますが 納得のいく物は
出来ていません

いまは 既に涼月に興味がいっているので
秋月の完成はしばらく後になりそうです
涼月は やっつけ仕事的な作業にならないようにしたいと思っています

チャレンジャー

こんばんは
私は張り線は未体験ゾーンです^^
その前向きな姿に感動します^^/

ロコさん>

んー、慣れだと思います。
何度もやれば大丈夫っぽいですが、やっぱりのばしランナーのほうが能率いいかもしれません。
ストッキングはちょっと足りないところをテンションでカバーできたりするのがすごくいいですが、難易度はちょっと高いかなぁ。。。
繊維がほつれてたりすると、接着面まで届かない~、なんてことがあったり、まあいろいろです。
メタルテグスってお高いですよね。
もうちょい安くならんもんかぁ・・・。
髪の毛は、自分の髪の毛残量が心配です(笑)

苦戦中ですね><

張り線の接着面は確かにすごく小さい><
なので強力な瞬着があればいいんですが><

記事見てたらすごく苦戦されてるようで;;
私の時はメタルラインなので自分で引っ張った
分だけの張力なので、、そこまで苦労してないかも。
メタルライン(金属釣り糸)って、巻き癖をとった後は
分かりやすく言うと、細い針金感覚ですので、
私には使いやすかったです。ただ、他の人の
記事とかには、普通の釣り糸(ナイロンテグス)が
イイ!と言う方もいたりしますし、好みもあるかも><

練習艦と位地付けてられるのなら、最後の一本に
髪の毛を使ってみては!?
私は試してないので何とも言えないのですが、
航空機モデルの張り線とか、使われてるみたいです。
艦船だと、太いのかな??聞かないですね^^;

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://dreamnote0180.blog122.fc2.com/tb.php/310-7ea3adf1
オススメLINK先
オススメ!! 今日はこちらにいらしてみたら?
赤目、であります!!

赤目

Author:赤目

皆様に支えられて平成20年1月頃より開設しました。
塗装も工作もほとんどやったことない、模型初心者のブログです。
間違いだらけと思いますが、ベテランの方助け舟お待ちしてます!
私同様初心者の方は、失敗ややり方を参考に、一緒にいい艦船模型を作っていけたらなぁ、と考えています!

最近の記事、お言葉
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

Appendix


まとめ
リンク先の先生方
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。