top.jpg

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年04月29日

陽炎 リノリウム甲板製作他

陽炎の製作続報です。
DSCF1294.jpg

いやぁちっちぇーから作業進む進むw
マスキングして、HULLREDを使い塗りわけします。

DSCF1295.jpg

ほぼ船体が仕上がりました。
次はさらに細かなディティール追加していきます。

陽炎はモールドけっこうしっかりしてるんですが、リノリウム甲板おさえがいまひとつで、ちょっとやすりがけするとすっかり消えます。
ちょっとオーバースケールなくらいが、模型的にはいいようなので、ちょっと太めに再現します。

DSCF1299.jpg

ロコさんのところでは、真鍮線使ってましたが、自分は真鍮線がないので(おぃ)、のばしランナーです。
なので、妙に均等でないです。
こんなもんかな。

DSCF1300.jpg

今回、塗装はseaぶっくさんよろしくエナメル塗料を使用しました。
爆雷運搬軌条もいったん塗りつぶし、その後MOZさんから伝授したエナメル溶剤のついた細い筆で上からなでできれいに落としてレールを復元。
いやぁ、みんなから教えていただいたこと、役にたちまくり!
ありがたいことです!!

DSCF1301.jpg

今度は前甲板です。
のばしランナーは、適当に位置を決めておいてから、少量の流し込みセメントで接着しているのですが、これがちょっと量を間違うと溶けてしまいます。
ひどいと甲板そのものが溶けてしまうので一苦労。
下に残ったわずかなモールドをガイドにしたのですが、これは失敗。
自分で新たに鉛筆でもなんでもいいからきちんと等間隔に書いて、それをガイドにしたほうが断然きれいにできるかも。

DSCF1302.jpg

魚雷の次発装填装置らしきものをつけます。
どうやって装填したんやねん、想像不能!!とにかくこれをつけます。
ハッチもあるようなので、ハッチをつけて、ピンバイスで穴あけもします。
汚げなので、やすりできれいにします。

DSCF1303.jpg

ここにもハッチがあるようです。
というか、モールドがあったので、それをつぶして上からはりつけ。
んー、作業してるとわからないんだけど、写真撮影すると曲がってるのがわかるなあ・・・。

DSCF1304.jpg

後部艦橋下にも。
こっちはまだいいのですが・・・

DSCF1305.jpg

その反対側には4つもついてら~(涙)
在庫がぁ・・・。
素人的考えなんですが、こんなに扉いるかなぁ・・・。
一箇所か、せいぜい二箇所くらいでよさそうなもんだけど。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://dreamnote0180.blog122.fc2.com/tb.php/322-6a97598a
オススメLINK先
オススメ!! 今日はこちらにいらしてみたら?
赤目、であります!!

赤目

Author:赤目

皆様に支えられて平成20年1月頃より開設しました。
塗装も工作もほとんどやったことない、模型初心者のブログです。
間違いだらけと思いますが、ベテランの方助け舟お待ちしてます!
私同様初心者の方は、失敗ややり方を参考に、一緒にいい艦船模型を作っていけたらなぁ、と考えています!

最近の記事、お言葉
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

Appendix


まとめ
リンク先の先生方
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。