top.jpg

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年05月14日

矢矧 電路の製作

矢矧の電路製作をします。


DSCF1363.jpg

今回ゲットしたプラストラクトの0.3mmモノは、無加工でつけています。
ベテランの方から教えてもらっただけあって、ピッタリきます。
強度もあるし、曲がってほしいところはきちんと曲がります。
いいわこれ。
高いだけはあります。


DSCF1364.jpg

艦首の様子です。
うまくまわりこめました。
これ、伸ばしランナーで作成した陽炎はうまくいかず、ここで一度たたききってました。
このプラストラクトは強度ばっちりでうまくまわりこむことに成功!


DSCF1365.jpg

ただ、この段差はどうしようもないので、いったん切りました。
で、現物あわせで接着。
合わせ目のところはうすく溶きパテをのせます。


DSCF1366.jpg

反対側の様子ですが、こんなかんじで。
陽炎のときはこれ伸ばしランナーだったために太さが均等にならず、何度も何度ものばして切っての繰り返しで無駄な時間をすごしてしまいましたが今回は一発でした!
スポンサーサイト

コメント

MOZさん>

矢矧は、正直どっから手をつけていいかわからないです。
艦首から艦尾に向けてちょっとずつやってこうかなぁと思っています。

マスキングテープ楽勝っすよ!
失敗したら・・・削り落とすってことでww

長門はまだ見てもいないんですが、たぶんバルジのはりだしがめんどいだけで、あとはほぼまっすぐ貼るだけですし問題はないかなぁ、と安易に考えてます(汗

この規模で溶接の継ぎ目が見えてたら何もかも見えてしまう、と思いますので本来なら見えないと思います、個人的見解ですよ?

でもでも、模型的にかっこよければそれでいいやぁ、ということで自分はやってますよ。
舷側って汚水捨管と電路くらいしかポイントないから、雰囲気作りにはポイント高いと感じました!

はやっ!!

三隈竣工おめでとうございます
って もう矢作始めてるし 凄い製作意欲ですね
まるで米国の工業力を見ているようです

マスキングテープをまっすぐ貼るのは難しくないですか?
私は「溶接の継ぎ目なんか見えないだろ?」って考えで無視していますが・・・・・・長門で挑戦してみます(失敗したらどうしよ?)

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://dreamnote0180.blog122.fc2.com/tb.php/337-fdd87295
オススメLINK先
オススメ!! 今日はこちらにいらしてみたら?
赤目、であります!!

赤目

Author:赤目

皆様に支えられて平成20年1月頃より開設しました。
塗装も工作もほとんどやったことない、模型初心者のブログです。
間違いだらけと思いますが、ベテランの方助け舟お待ちしてます!
私同様初心者の方は、失敗ややり方を参考に、一緒にいい艦船模型を作っていけたらなぁ、と考えています!

最近の記事、お言葉
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

Appendix


まとめ
リンク先の先生方
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。