top.jpg

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年05月15日

矢矧 汚水捨管の製作

矢矧の汚水捨管を作ります。
つくるといっても、電路と同じくプラストラクトを切って張るだけの作業です(汗


DSCF1367.jpg

最初からモールドされていたタミヤのキットですが、全部削り落としてしまってます。
当初生かそうかな、と思ったモールドでしたが、自分の手持ち資料と見比べたら、汚水捨管の配置位置がキットとは違いましたので結局削ることになったようです。
どうも、長いものや短いものがあるようです。


DSCF1368.jpg

切ってはるだけの簡単作業ですが、モールドのときよりもしっかりとシルエットが出ます。
やってることは地味ですが、効果ありと思いますので毎回欠かさずやります。
ちなみに汚水捨管の配置は今回がはじめてです。
三隈のときは気づいたらもう完成寸前でした(笑)


DSCF1369.jpg

右舷と左舷で汚水捨管の配置が異なるみたいです。
少なくとも自分の資料にはそうなってましたので、これをマネてみます。
間隔は不均等で、二本隣接してるのもあれば、すごーく離れてるのもあるみたいです。

自分は資料をみて、だいたいこのへんかなー、という具合に配置してます。
だから厳密には場所違うのかもしれません。


DSCF1370.jpg

こないだまで陽炎のいた建造ドッグの港に係留。
ここ安全地帯なんです、米軍艦載機の攻撃もここまではとどきません(汗
順調に作業が進んでます。
このまま何事もなくいけばいいなぁ。
スポンサーサイト

コメント

らびQさん>

ありがとうございます!
それで検討してみます。
窓ふさぐのやったことなかったんで、試験的にやってみようと思います。

リカバー

赤目さん、こんにちは
ピンバイスの開口跡にプラ棒を入れて閉塞してみてはどうでしょうか?
舷側二段目の舷窓も後日に塞いだような跡もあるので年代的にも合いそうな気がします。

らびQさん>

や、やっぱりそうなんだ・・・
すっかりピンバイスで穴あけちゃったよ~(涙)
いまから補修するのはムリだからこのままいきます、とほほ。
よく手持ちの資料見たら窓は確かに下段はない。

ある方が教えてくれたのですが、製造段階ですでに窓は作られなかったようだから、埋めた跡があったらだめみたいです。
ひぃ~。

kaniさん>

お体大丈夫ですか?
しっかり療養してくださいね!

プラストいいですね、使いやすいです。高いけど・・・。
キットもほしいですが材料も大事ですよね!
でも、買ったときの満足感はキットのほうがでかーいww

こんばんは
ついに矢矧がスタートしましたね^^
矢矧の舷側の窓ですがほとんど閉塞されていたようです。
世界の艦船の日本巡洋艦史にもそのようなことが書いてありました
私も矢矧をストックしていてそこが悩みどころだと思っています。

遅くなりましたが三隈完成おめでとうございます(^-^)無事帰宅出来たらPCで拝見します。
プラストラクト使い始めましたか。結構重宝してそうですね。
高いとは言え一度買えばなかなか減らないし、キットの詰みを増やしてしまう事を思うと、最近はキットを買うお金があったら、キットよりもマテリアルを買うようにしています。キットも増えてってますけどね(汗

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://dreamnote0180.blog122.fc2.com/tb.php/338-c728e723
オススメLINK先
オススメ!! 今日はこちらにいらしてみたら?
赤目、であります!!

赤目

Author:赤目

皆様に支えられて平成20年1月頃より開設しました。
塗装も工作もほとんどやったことない、模型初心者のブログです。
間違いだらけと思いますが、ベテランの方助け舟お待ちしてます!
私同様初心者の方は、失敗ややり方を参考に、一緒にいい艦船模型を作っていけたらなぁ、と考えています!

最近の記事、お言葉
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

Appendix


まとめ
リンク先の先生方
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。