top.jpg

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年05月20日

矢矧 リノリウムおさえの製作

矢矧の甲板はほとんどがリノリウムになっています。
これをモールドで再現してあるのですが、全然薄くてよくわかりません。
そこで、陽炎のときはのばしランナーを使いましたが、今回は真鍮線を使ってみることにします。
使ったのは0.2mmの真鍮線。


DSCF1427.jpg

こんな具合にはっていきます。
作業は単調で、さきっちょにちょこちょこ接着剤をつけた真鍮線を切り出していくだけです。
時間はかかりますがめんどうなことはありません。


DSCF1428.jpg

ただ、けっこう太い真鍮線なので、構造物の下敷きにしてしまうと凸凹してうまく構造物がおけなくなっちゃいます。
そこで、構造物を一旦仮置きしてから調整していきます。
ほとんど見えないところは作業してません。


DSCF1429.jpg

この作業してて気づいたのですが、
上甲板に爆雷投下軌条らしきものがありましたが、自分の手持ち資料ではここはなくなっていました。
そこで削り取ってしまいます。
一部グレイになっている部分があるので、そこは真鍮線を使って囲います。


DSCF1430.jpg

後部甲板も同様にはりつけていきます。
このへんは細かいキノコさんとかリールさんとかがいっぱいあるのですが、はりつけのとき真鍮線が邪魔になりそうで今から心配・・・。


DSCF1431.jpg

煙突と、飛行甲板がくっついています。
接着していません。
あとではがしてしまいます。


DSCF1432.jpg

左舷も同様に作業をすすめます。
真鍮線を切り出すときl、ちょっと内側にしてあげないと出っ張って見えてしまう、というのをこのあたりの作業してる段階で気づいてしまいました。
もうどうしようもないので目立つところはニッパーで削り落としてあとは、まぁ手摺でごまかせるかなぁ。。。


DSCF1436.jpg

ひととおり貼り付けました。
煙突左右の甲板上につけてある滑り止めつきの地面は、1/350の大和エッチングパーツのあまりです。
資料によると、ここだけはなぜか、鉄甲板のようです。
なんでかな。

規模が違うのですが、1/350大和のエッチングパーツがアホみたいにありますので、これ使えそうな部分あれこれ模索しながら使用してます。

ちなみにまだJOEワールドの専用エッチングは一度も使ってない状況。。。
無駄にならんといいけど(汗
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://dreamnote0180.blog122.fc2.com/tb.php/344-0969c4be
オススメLINK先
オススメ!! 今日はこちらにいらしてみたら?
赤目、であります!!

赤目

Author:赤目

皆様に支えられて平成20年1月頃より開設しました。
塗装も工作もほとんどやったことない、模型初心者のブログです。
間違いだらけと思いますが、ベテランの方助け舟お待ちしてます!
私同様初心者の方は、失敗ややり方を参考に、一緒にいい艦船模型を作っていけたらなぁ、と考えています!

最近の記事、お言葉
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

Appendix


まとめ
リンク先の先生方
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。