top.jpg

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年06月04日

矢矧 探照灯の製作

毎回毎回ですが、今回も探照灯をいじくります。

キットのレンズ部分にあたるところ(もちろんなんにもない、ただの樹脂)をピンバイスで穴あけするところからはじまります。
DSCF1513.jpg

ぎっちらぎっちら穴あけして、丸棒やすりで整えます。
何も考えずできますからすごいらくです。
それでいて工作はした気になれるからいいですよ。
光り方はそのままメッキシルバー塗ったほうがだんぜん光りますが、
「ガラスなんだろここ!?」
とこだわるならそれっぽくしたいですよね。

自分はそんなにこだわってるわけではない(むしろ光ってるほうがいい!!)のですが、最初の惰性でダラダラ今もやってます。

手間ではないので誰でもできるし、近くで見るとちゃんと

「お!レンズはいってんのこれすごいじゃーん」

と、なる予定です。

DSCF1514.jpg

後部マストの探照灯台には両舷につくやつより小さい、75cmのやつです。
これも同様にピンバイスでほじくって(貫通させちゃだめです)、やすりで整えます。


DSCF1515.jpg

ピンボケですが、ここで彫った穴にガンダムカラーのメッキシルバーを流します。
あの、マーカータイプのやつです。
らくだー。
筆洗わなくていいんだもん。
ラク、これ最高。
呉海軍工廠グレイのマーカーとか出せばいいのにー!


DSCF1516.jpg

で、一服ついて戻ると乾いてますので、ここにH,EYESというたぶんガンプラのメインカメラなんかに使うと思しき部品を惜しげもなくぶちこみます。
これでできあがりなんですが、接着剤はエポキシ系でないときれいになりません。





と、ここまでやって気がついたのですが、
エポキシ接着剤って、透明で、肉やせしない。

ということは・・・。


そこで、彫った穴ん中にエポキシ接着剤をぶちこんでみました。


あらやだ、十分レンズに見えてさらにラク!
今度からこれでいこう。


DSCF1517.jpg

できあがったやつを配置していきます。
まず後部マストの部分。
小さいやつです。


両舷のやつは、兵員待機所兼射撃指揮装置つきの探照灯台なので、これを作ってやらなきゃいけないです。
今日はここまでにしよーっと。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://dreamnote0180.blog122.fc2.com/tb.php/363-f66c750b
オススメLINK先
オススメ!! 今日はこちらにいらしてみたら?
赤目、であります!!

赤目

Author:赤目

皆様に支えられて平成20年1月頃より開設しました。
塗装も工作もほとんどやったことない、模型初心者のブログです。
間違いだらけと思いますが、ベテランの方助け舟お待ちしてます!
私同様初心者の方は、失敗ややり方を参考に、一緒にいい艦船模型を作っていけたらなぁ、と考えています!

最近の記事、お言葉
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

Appendix


まとめ
リンク先の先生方
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。