top.jpg

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年06月02日

長門 艦首上甲板のあわせ目処理

長門二日目は上甲板の合わせ目作業です。

DSCF1590.jpg

上甲板はどういうわけか艦首が別パーツになってます。
なんでだよぅ、どうしてなんだよう。

そのまま張るとこんなかんじになります。
DSCF1612.jpg

明らかにここ別パーツでしょ、ということになります。
これじゃみっともないので、なんとか一体感をだすためにいろいろやってみます。
計画としてはうすーくパテをもって、モールドにあわせてスジをいれてみる、という作戦です。
うまくいくかな。

用意したのは
100円ショップの三角彫刻刀とポリパテ、それに耐水ペーパーです。

必要最低限のところだけパテをつけるのにはどうすりゃいいかいろいろ考えてみたのですが、たぶんこれが一番かな、と思います。
合わせ目のところだけ露出するようにマスキング。
DSCF1613.jpg

合わせ目ギリギリだとパテが入らなくてだめなので、結構広くとります。
めやすではったので分かりませんが、たぶん2mmくらいかな。
ここにパテをもっていきます。
もう、適当。
できるだけ薄くもると作業しやすいかもしれませんが、ヘラらしきものがないので、厚紙なんかをつかってギコギコある程度ならしていきます。

DSCF1614.jpg

十分かわいたら、やさしくマスキングをはがします。
ここにスジモールドをかきたしていきます。
彫刻刀でモールドにそってガリガリけがいていきます。
あんまり力いっぱいやると一緒にモールドまで削ってしまうので気をつけてやりました。
もっというと、一緒にはがれちゃ困るパテまではがれるので、ほんとちょっとでいいようです。
合わせ目は見事に消えましたが、果たしてコレ塗装で消えるのだろーか・・・。


DSCF1615.jpg

一応長門はバーヘッドで合わせ目部分がほとんど隠れてしまいますので、この作業をやらなくともあんまり目立たないのかもしれませんが練習しないと今後山城の扶桑も作れないのでやっときます。


うーむ、ポリパテが白くてやたら目立ちますが塗装でほんとにこれ消えるかなぁ・・・。
かなり心配です。
甲板は木目なので、赤城のときやった方法で木目再現する予定です。
これでどうにかごまかせるといいな・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://dreamnote0180.blog122.fc2.com/tb.php/384-7850e28e
オススメLINK先
オススメ!! 今日はこちらにいらしてみたら?
赤目、であります!!

赤目

Author:赤目

皆様に支えられて平成20年1月頃より開設しました。
塗装も工作もほとんどやったことない、模型初心者のブログです。
間違いだらけと思いますが、ベテランの方助け舟お待ちしてます!
私同様初心者の方は、失敗ややり方を参考に、一緒にいい艦船模型を作っていけたらなぁ、と考えています!

最近の記事、お言葉
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

Appendix


まとめ
リンク先の先生方
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。