top.jpg

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年06月12日

長門 煙突の製作

長門の煙突製作にうつります。
ファンネルキャップの素材がないので、キャップは後回しですが、あんなの最後の最後でもよさそうなので今は考えてません。
さて、
DSCF1663.jpg

これがキット切り出しのままの煙突です。
モールドが複雑なんですが、このモールドも削り落として真鍮線なんかを使ってディティールアップしてみようと思います。

ゴリゴリゴリ・・・・
金ヤスリとスポンジヤスリできれいに削って、
DSCF1664.jpg

こんなかんじになりました。
残したモールドはひとつもありません。
あとは箱絵と大型艦船模型の図説を見るしかないのですが、もはや想像も入ってきていますし、とても再現できないところはディフォルメしていきます。

まず、煙突なんだから、穴をあけようと思います。
キットのままだとファンネルキャップは開口してません。
これ開口してればどれほどラクなことか。
三隈はあいてましたのでとってもらくでした。

と、過去のことはおいといて、作業に入りますね。
DSCF1665.jpg

キャップと本体を接着しちゃいます。
タミヤセメントなんかを使って接着してしまってから、上部を全て削って穴あけます。
自分は巨大なドリルを真ん中にぶちこんでそこから四方に切れ目をいれ、ニッパーで切ってから金やすりで整えました。
自分は基本的に紙ヤスリは使ってません。

ゴリゴリ削って整えたら、中にある整流板を作ります。
DSCF1666.jpg

プラストライプを切っていれます。
長さは適当に切り出して、穴をガイドにニッパーで切り出しますそのとき、ちょっぴり斜めになるようにきってあげると、すんなり入っていくみたいです。
まっすぐ切っていれてたのにうまくはいらずむかついて適当に切り出したやつ(適当だもんだから、斜めだったんです)を
「おりゃ!」
とぶちこんだら、アラ不思議。
すんなり入ったわ、というわけです。
見た目ではわかりませんのでこれはいい方法だと思います。

DSCF1667.jpg

こんな具合になりました。
前と後ろにはフタみたいなのがあるように見えたので、塞いでみました。
まちがってるかもしれません。

DSCF1668.jpg

今日はここまで。
これだけの作業で軽く3時間くらいです。
手に模型持った時間だけなら1時間未満だと思うんですが・・・(汗

すみません、要領悪くて(涙)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://dreamnote0180.blog122.fc2.com/tb.php/398-62fa8d32
オススメLINK先
オススメ!! 今日はこちらにいらしてみたら?
赤目、であります!!

赤目

Author:赤目

皆様に支えられて平成20年1月頃より開設しました。
塗装も工作もほとんどやったことない、模型初心者のブログです。
間違いだらけと思いますが、ベテランの方助け舟お待ちしてます!
私同様初心者の方は、失敗ややり方を参考に、一緒にいい艦船模型を作っていけたらなぁ、と考えています!

最近の記事、お言葉
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

Appendix


まとめ
リンク先の先生方
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。