top.jpg

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年06月16日

長門 探照灯台の製作

長門、今日は煙突に隣接する、探照灯台をつくります。
作るといってもたいしたことはしません。
トラス構造のこれ、中身もあったみたいなので、ここはムリにディティールアップしないでいきます。
DSCF1681.jpg

悪くないと思いません?
これをプラ材で再現するのはかなり至難の業かと思います。
エッチングパーツを使うのも手ですが、このディティールならよろしいかな、と。

DSCF1682.jpg

上には台座がのっかり、そこに右舷左舷に3つずつ、大きな探照灯がのります。
これはいつもどおりガラス面の再現をやります。
ドリルで削って丸やすりで整えた状態。
塗装はまだ先なので、これ以上の作業はできませんが、この穴に銀色を注いで、そこにエポキシ接着剤をもりつけると、ガラスのように見えます。

DSCF1683.jpg

こんなふうになるのですね。
真ん中のブルワークには何がくるのかな、射撃指揮装置かな。

DSCF1684.jpg

両方のせるとこんな具合に。
こんなに一箇所に集中して探照灯があるんですね。
他の艦船も、戦艦クラスだと密集してます。
このあたりに被弾したらいっぺんに照明やられて困らなかったんだろーか、とか思うのはおれだけかなぁ??
他にもあるっちゃああるんですけどね、光源。

DSCF1685.jpg

煙突と一緒に船体に仮置きしてみました。
うん、だんだん完成に近づいてるような気がします。
間違いないけど、完成はずっと先だなー。
スポンサーサイト

コメント

鈴林さん

ううむ、そうなんですかあ。なんでだろ。
自分はWAVEのを使ってますが。
いい方法だと思ったのになあ~

探照灯ガラス面にエポキシ接着剤を使うのは、自分も以前やっていました。
ところがですね、時間が経つとだんだん黄ばんでくるんですよ。
なので最近は使っていません、違う素材を探しているんですけど、今のところ見つからないですねえ…

製品によって変色しないのもあるのかどうか未確認です。赤目様の使用しているエポキシはどうなのか、
時間が経ったら教えてください

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://dreamnote0180.blog122.fc2.com/tb.php/402-5a752fd9
オススメLINK先
オススメ!! 今日はこちらにいらしてみたら?
赤目、であります!!

赤目

Author:赤目

皆様に支えられて平成20年1月頃より開設しました。
塗装も工作もほとんどやったことない、模型初心者のブログです。
間違いだらけと思いますが、ベテランの方助け舟お待ちしてます!
私同様初心者の方は、失敗ややり方を参考に、一緒にいい艦船模型を作っていけたらなぁ、と考えています!

最近の記事、お言葉
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

Appendix


まとめ
リンク先の先生方
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。