top.jpg

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年07月11日

ベルマウスとアンカー

せっかく穴あけたアンカーチェーン引き込み口。
ベルマウスはモールドできれいに再現してあったので、これを生かしてあげることにしました。
さあ、そのままだと絶対納得いかないアンカーの固定をホンモノっぽく再現します。


DSCF1848.jpg

わっかんねーよ(笑)

ええとですね、アンカーの真ん中の棒が白いのがわかります?
キットのやつだと、アンカーは3本とも平行になっているのですが、これだとアンカーの固定具合がベルマウスを無視して全て舷側に露出しちゃうんですが、
本来は真ん中の棒にヒンジがついてて曲がって引き込まれていくらしいのです。
なので、真ん中の棒だけが斜めにベルマウスの中に入っているようにしないとなんとなくおかしいわけです。


正直あんまわかんねーです、接写でもされるとアレですがね(汗
このクラスの艦船模型なんてどこもそーか(笑)


DSCF1849.jpg

こう見るとあとちょっとくさいんですが、全然まだです。
なんといっても

甲板塗装
後部マスト

このへんがネックです。
うまくいくかなぁ・・・。

主砲身はへし折りそうなのでまだつけてません。

そして、いよいよ明日から時間のかかる甲板塗装です。
塗りわけが鬼のよーです、どっかから木目デカールなんて便利なモンが出たそうですが、即売り切れみたいですね。
そんなものに頼らず!(ほんとは頼りたい)
自力でやったほうがきっと美しい(絶対そんなことない)
いや失敗しても作業したってことがだいじ!!(うそばっかり)

はー、覚悟がきまらねー。

女々しい赤目でした、うふーん。
ロコさんのアンカーの状態はこちら
スポンサーサイト

コメント

タミヤンさん>

そうです、切り取ります。
で、かわりにプラ棒をぶちこむわけです。
カンタンですよ。
そんな難しいほうではありませんね。
ただ、ベルマウスきれいに孔ほるのはめんどいかも。
よく切れるアートナイフを用意するといいですよん!

強度は瞬間接着剤でガッチリとめているし、ベルマウスの中に取り替えたプラ棒をいれるとき、ベルマウスと接するところに十分接着剤を流しているのでとれることはないと思います。

甲板はですね、TAN一色でもいいんですが、自分はもっともっと木目っぽくしたいと思ってまして、過去に赤城でやった木目塗装をやってみようと思っているのです。
明日から作業しますので参考にしてみてください。
もともとスジ彫りしてあって、いかにも木目っぽい長門の甲板なので、TAN一色でもいいっちゃいいと思いますが・・・。

写真が小さくて分からないのですが、真ん中の棒は切り取るのですか?
かなり細かい作業だし接着する面も少ないですが強度は大丈夫なんでしょうか。
私はそのままつけましたが十分なディティールのように思いました。

甲板塗装も悩まれているようですが、タンを塗るだけのはずなので比較的楽でしたよ。はみ出たところは灰色で塗り直すことで終わると思いますがこれではだめですか?

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://dreamnote0180.blog122.fc2.com/tb.php/433-f8c96d8a
オススメLINK先
オススメ!! 今日はこちらにいらしてみたら?
赤目、であります!!

赤目

Author:赤目

皆様に支えられて平成20年1月頃より開設しました。
塗装も工作もほとんどやったことない、模型初心者のブログです。
間違いだらけと思いますが、ベテランの方助け舟お待ちしてます!
私同様初心者の方は、失敗ややり方を参考に、一緒にいい艦船模型を作っていけたらなぁ、と考えています!

最近の記事、お言葉
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

Appendix


まとめ
リンク先の先生方
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。