top.jpg

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年07月28日

長門後楼制作2

うーん、ここまで作ってから改めて箱絵を見たら妙なものを発見しました。
それは、
DSCF1956.jpg

写真のマスト基部(ホンモノの基部でなく、キットの基部です)に、なにやら四角い大きな箱みたいなものが入っているように見えます。

キットには通風孔なんかがモールドされてますが、箱絵とは違うように思います。

DSCF1957.jpg

この丸窓の上あたりです。
モールドがあるのですが、やっぱり箱絵とは違う。
おそらく兵員待機所か信号所なのではないか、ということで
DSCF1958.jpg

プラ板を切り出して箱にしてやろうという作戦にでます。
いや、カンタンにいってますが、接着してしまった支柱の隙間からリューターいれて削るのけっこうワザが必要でした(涙)
DSCF1959.jpg

ハァハァ・・・・
つ、疲れた・・・。
どうにか箱っぽくできました。
とりあえずあとは手前に水密扉をつけてあげればそれっぽくなる、はずです。
それっぽくなってくれ(涙)
スポンサーサイト

コメント

鈴林さん>

なるほど、電探室なんですか。
ありがとうございます。
ということはこの追加は正しいんですね、よかった♪

それはおそらく電探室ですね、昭和19年に13号電探と一緒に増設されたものだと思います。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://dreamnote0180.blog122.fc2.com/tb.php/457-b275e5c6
オススメLINK先
オススメ!! 今日はこちらにいらしてみたら?
赤目、であります!!

赤目

Author:赤目

皆様に支えられて平成20年1月頃より開設しました。
塗装も工作もほとんどやったことない、模型初心者のブログです。
間違いだらけと思いますが、ベテランの方助け舟お待ちしてます!
私同様初心者の方は、失敗ややり方を参考に、一緒にいい艦船模型を作っていけたらなぁ、と考えています!

最近の記事、お言葉
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

Appendix


まとめ
リンク先の先生方
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。